すきっぷクラブとは

 2004年4月、小学校の留守家庭児童会が4年生で終わってしまった後、障害のある子どもを預かる制度はありませんでした。制度利用では、移動支援(ガイドヘルパー)くらい。

 このことは、障害のある子どもを育てながら仕事をする保護者にとって、非常に厳しいことでした。

 また、障害のある子どもは学校から帰宅後、家で保護者と過ごすだけでなく、お友だちと関わりあって過ごす時間や場所が、子どもたちの成長発達のためにも必要だと思いました。

 

 障害のある子どもの放課後や休日の居場所がほしい!

 

 それがすきっぷクラブの始まりです。

 仕事を持つ保護者の私たちでは、預かる事業を始めることはできませんでしたが、クッキングや遠足などの余暇支援活動を開催してきました。福祉バスを利用した日帰りバスツアーは18回になります。

 

 その後、留守家庭児童会では、学校が限定されているものの、障害のある子どもは5.6年生まで受け入れ可能となりました。

 さらに放課後等デイサービスが制度化され、今では障害のある子どもの保護者の共働きも当たり前にできるようになってきました。

 

 そのように状況が大きく変化した中で、障害のある子どもたちが放課後や休日を豊かに過ごせるために、私たちにできることとして、余暇支援活動の実施・子どもたちに関わる人に向けた講座の開催・制度の情報などを掲載したwebsiteの開設を行っています。


すきっぷクラブ活動履歴

2004.04 すきっぷクラブ結成

2006年度 枚方市障害児等関係機関連絡会議のサークル紹介情報誌編集委員会に参加

      →2007.03「えんじょい」発行

2006.07 第1回バスツアー 淡路ハイウェイオアシス

2006.07 遠足 信楽陶芸体験

2008.03 第2回バスツアー 東大寺と若草山

2008年度 枚方市障害児等関係機関連絡会議のえんじょい2編集委員会に参加

      →2009.03「えんじょい2」発行

2008.07 第3回バスツアー 淡路ハイウェイオアシス

2008.11 遠足 信楽陶芸体験と成田牧場

2009.03 第4回バスツアー 神戸花鳥園

2009.07 遠足 生駒山上遊園地

2009.11 第5回バスツアー 伊賀の里モクモク手づくりファーム(ウインナー作り)

2010.02 第6回バスツアー 堺・ハーベストの丘(パン作り)

2010.07 遠足 嵯峨野トロッコ列車

2010.11 第7回バスツアー 信貴山のどか村(みかん狩り)

2011.03 第8回バスツアー 舞洲陶芸館(陶芸体験)とアミティ舞洲

2011.07 遠足 六甲山牧場(アイスクリーム作り)

2011.08 第9回バスツアー 神戸花鳥園

2012.03 第10回バスツアー 富田林サバーファーム(いちご狩り)

2012.08 第11回バスツアー 八幡流れ橋プラザ(パン作り)と梨狩り

2013.03 第12回バスツアー 琵琶湖博物館と道の駅草津

2013.09 第13回バスツアー 松花堂庭園と勧修寺観光農園(ぶどう狩り)

2014.03 第14回バスツアー 信貴山のどか村(いちご狩り)

2014.09 第15回バスツアー 信楽山田牧場(乳しぼり体験)と澤善(ごま豆腐作り)

2015.03 第16回バスツアー 奈良うめもり寿司学校(柿の葉寿司作り)と唐招提寺

2015.11 第1回障害のある子どもの子育て講座

      「子育てに悩んだときにたち返りたい発達理解」講師:神戸大学大学院 木下孝司教授     

2015.12 第17回バスツアー 神戸どうぶつ王国

2016.03 第18回バスツアー 京都・嵐山と東映太秦映画村

2016.05 第1回 しゃべり場

2016.06 第2回障害のある子どもの子育て講座

      「子どもも親も楽しく過ごせるために」講師:日本福祉大学 近藤直子名誉教授

2016.07 第2回 しゃべり場

2016.09 第3回 しゃべり場

2016.11 第4回しゃべり場

2017.01 第19回バスツアー 奈良県桜井市・三輪山本 麺ゆう館(そうめん手延べ体験)と橿原市昆虫館

2017.01 第5回しゃべり場

2017.02 第3回障害のある子どもの子育て講座

      「障害のある子ども・青年期の性と生を育む」講師:日本福祉大学 伊藤修毅准教授

2017.03 第6回しゃべり場 ※予定